海遊亭一家の日誌

古い投稿

休日の癒し☆

こんばんは!

なんだかいきなり寒さが増してきましたね!

 

封印していた、ダイビング用フードを解禁することに決めました。

大阪ラメールの大庭です。

フードを被ると、変身した気持ちになります。

 

ダイバーさんなら、一度は経験があるはず・・

海を自由に泳ぐ魚と、ふとした瞬間に向き合っていること!

 

目の前には、なんとも言えない魚の真正面の顔。

 

砂地が住処のこの魚。いったい何者でしょう!!

P7190222

 

鮮やかな青色ですね(=゚ω゚)ノ

P7190223

 

じゃん!

角度を変えてみてみると・・・

ハナヒゲウツボさん。

怖いイメージを持たれがちですが、中にはこんなカラフルな子もいるんです☆

 

鼻から飛び出たヒゲが、ユニークですね!

そしてなんで口を開けたままなんでしょう!

どこを見てるんだろう!

 

水中では、ありのままの魚たちの姿に癒されます♪

 

そんな休日も、たまにはいいですよ(*´▽`*)

 

うつぼ鍋の…

みなさま、こんにちは。

昨日のブログに引き続き鍋ネタでお送りしょうと思います。。

大阪ラメールの花田です。

私がダイビングを初めてから口にした料理の数は多く、
ダイビング=ご飯が楽しみ!という考えを今でも持ち続けています。

そんな中でも、昨日に紹介させて頂きました…うつぼ鍋!

(null)

水中での見た目は恐々しい表情をしておりますが、
実は顔に似合わず物凄く臆病者としてダイバーの中では知られております。

料理に至ってもさっぱりとした味で鍋料理や唐揚げに佃煮や茶碗蒸しなどレパートリーが多い食材でもあるんです。

特に和歌山では年明けに振る舞う季節料理として食べるほど鍋といえば…の食材なんです!

みなさまも一度、ダイビング後のうつぼ鍋食してみては如何ですか?

冬ならではの食材でもありますので、
まだまだ間に合いますよー!

ボートダイビング

みなさま、こんにちは。

大阪ラメールの花田です。

昨日に続き今日も一段と冷え込む寒さになりますね。

今日はラメールにいておりますが、
昨日は和歌山は南部という梅の産地で有名なのですが、

知る人ぞ知るダイビングも有数なダイビングスポットが眠る場所で有名なんです!

南部といえば…ボートダイビング後の海鮮鍋っ!

冬ならではの、ブリしゃぶ鍋やうつぼ鍋にタイしゃぶ鍋など海の恵みをふんだんに使った鍋が本格的に食べることができます!

(null)

身体を温めるにはもってこいの鍋と
南部特有の地形ダイビングを是非とも経験しにいきましょー!

海の宝石

みなさま、こんばんは。

大阪ラメールの花田です。

今日もラメールにはたくさんのダイバーで盛り上がりました!

1月も2月も週末だけでなく
平日の日帰りファンダイビングツアーで一杯です!

有難いことですね。

今のシーズンで出会う可能性が高い生物がこれっ!

(null)

海の宝石とも言われる…アオウミウシ

とても小さいですが、岩肌などに生息してますので水中ライトがあればこの青さであればすぐに見つけることができますよ。

冬のシーズンならではの観察できる生物の代表でもありますので、
2月の週末ファンダイビングツアーに空きがまだありますので問い合わせお待ちしてますね!

ボブサンの話

こんにちは。

今日も元気に心斎橋ラメールまで自転車で出勤しました。

大庭です。

新しいお店や道路を発掘しながら通っていたら雨が降り始めました。

これは自転車だとツライですね。

心斎橋ラメールまで、電車だと、クリスタ長堀の南13番出口から地上に出て
19歩で到着するビルにありますので、雨の影響も最小限です。

ここで一方的にですが、皆さんに存在を知っていただきたく紹介させて頂きます。

ダイビングで会える☆宇宙感たっぷり生物
【ボブサンウミウシ】
ボブサンウミウシ

この派手な色!
まだ見ぬ宇宙人のような不思議さがあります。

周りのヒラヒラは、宇宙船の周りでピカピカ光るイルミネーションみたいですね。

そう!まるで宇宙船!
7023625921_5c7e16fb17

ボブサンウミウシ。
パッと花のように開いた触角も、可愛いですね!

ウミウシの目 は、ツノのような二本の触覚のふもとにあり周りを見渡しています。

中には、目自体が存在しないウミウシもいるんです。
きっとテレパシーで感知してるんですね。

宇宙船ボブサンウミウシは、通常水深の深い岩陰にいるとされてますが
最近は浅場でも見られるようになったそうです☆

明後日は花田インストラクターに代わり、私が海へ行く番です!!

ボブサンに会えるかなぁー!

古い投稿